理学療法について

【当院での理学療法】

理学療法とは リハビリテーションにおける治療法の1つで、病気、ケガ、加齢、障害などにより低下した運動機能や生活動作の改善、また痛みやしびれなどの軽減を図る目的で行われる治療法です。
当院では、自ら体を動かす運動療法を中心とした運動器リハビリテーションを提供しています。

「運動器」とは、体を動かす骨、関節、筋肉、またそれらを支配する神経などを指します。つまり、運動器に問題が生じた方が治療の対象となります。

当院では専門的知識が豊富で国家資格をもつ理学療法士、常勤4名が勤務しております。
医師の指示の下、問題となる痛みや関節の動き、歩行などの基本動作、スポーツ動作などに対して検査や評価を行い、個人のニーズにあった治療を進めていきます。
評価や治療を通じて、ご本人自身の問題、姿勢や動きを認識し、改善後の予防の指導も行っていきます。

【対象となる整形外科疾患】

外傷(骨折、脱臼、捻挫、靭帯損傷、など)
関節疾患(変形性関節症、五十肩、など)
脊椎・脊髄疾患(椎間板ヘルニア、神経痛、しびれ、など)
スポーツ障害(スポーツで生じた外傷、痛み、など)
その他(関節リウマチ、骨粗鬆症、腰痛、肩こり、など)

<通所リハビリテーションのご案内>
 当院では介護保険を利用した「通所リハビリテーション」を提供しています。介護保険の認定を受けているご関心のある方は遠慮なくご連絡ください。

スタッフのご紹介